こんにちは、福島です。

6月6日(月)昨夕とれたての玉ねぎを松橋さんにお持ち頂きました。

b0369753_15050589.jpg
早速食べてみて…うむ、甘味・旨味・ともに強く美味い!!
拓郎君のお母さんの仰る通り今年は特に?とても美味しいです。
b0369753_15042966.jpg
素晴らしい玉ねぎです!!農薬・化学肥料使用はありません。
コロッケの調理の際は新たまはみずみずしく水分の含有量を調節するのが難しいのですが、ひたすら炒め続け水分が通常量になるまで調節します。
特有の自然な甘みがたまりません。
今朝のコロッケ作りにも早速つかわせてもらいました!
b0369753_15052031.jpg
▲こちらはひき肉とからめる工程の一部。
コロッケ作りのコーナーに入ったら詳しく再度書きたいと思います。

松橋さんの玉ねぎはコロッケ以外にも、ハンバーグ、肉団子、カレーやシチュー、毎日のサラダや豚と玉ねぎの串カツにも使っております。
おそらく9月くらいまでの量ではありますが、期間限定の松橋さんの玉ねぎも是非お楽しみ下さい。
普段は量り売りでもご用意しております。100g50円(税込)です。
b0369753_15065142.jpg
土もついておりますので、ご希望の方はお気軽にお声掛けください。こちらで袋に必要量をつめます。
だいたい1個で120円前後くらいの大きさです。




[PR]
by road-to-croquette | 2016-06-07 15:21 | 「コロッケへの道」について | Comments(0)

おかげさまで多くの皆様に愛していただいている「フクシマのコロッケ」。

このコロッケができあがるまでには、どんな過程があるのだろうか?携わる人達にどんな想いがあるのだろうか?
それらを多くの皆さまにお伝えしたいと思い、グルメストアフクシマの福島智哉と、
材料のじゃがいもや玉ねぎなどを栽培する農家の1人である大潟村松橋ファームの松橋拓郎という
高校大学の先輩後輩コンビが中心となりこのプロジェクトを始めました。

じゃがいもが成長してフクシマのコロッケになるまでの過程を皆さまに知っていただき、
フクシマのコロッケを今まで以上に身近に感じていただけましたら幸いです。

2016年春
グルメストフクシマ 福島智哉
大潟村松橋ファーム 松橋拓郎

[PR]
by road-to-croquette | 2016-05-08 21:30 | 「コロッケへの道」について | Comments(0)